N○○への怨嗟の声

 明日、移動するわけですが、今日、ネット環境を外します。早めに連絡して、ここの電話回線その他の中止は、予定通りなのですが、問題は引越し先。
 決まり次第連絡しますと言ったきり、音沙汰がないので、昨日、こちらから確認の電話を入れたところ、月曜以降に改めて引越し先の回線のチェックその他を始めるというので、ネットにつなげられるのはその10日ないし2週間後です、と平然とおっしゃる回線業者の窓口の方。
 中止するのが分かってて、しかも同時に引越し先での継続利用の申し込みをしたのに、何で同時進行でやらないのですかね。というか、あの話っぷりではすっかり引越し先の担当に連絡するのを忘れていたっぽいような。
 この部屋で光に移行する時も、光サービス開始直後ゆえ、申し込み殺到につきご連絡までお時間をいただきます*1というエクスキューズはあったものの、2ヶ月も放置。
 確認の電話を入れたところ、散々あちこちの部署をたらい回しにされた挙句、20分後にたどりついた担当者は、女に技術的な話をすれば分かんないだろうと思ったのか。
 やったら難しい話をしだして、ゆえにいつ開通できるか分かりませんと煙に巻こうとするので
「こっちはいつ、工事が行われ、いつから使用できるのかを知りたいだけです。それがまた2ヶ月後というのなら、他の業者に乗り換えることも検討しなければなりませんし」
と言ったところ、5分後の折り返し電話で
「では、3日後に」
だって。この地区って工事するのに難問題があって大変じゃなかったの???単に忘れてたんじゃなかろうか。または、文句言ったモン勝ち。

 ここと縁を切るにも、引越し後に業者の選定から入らなければならないので、しばらく、ネットからは離れます。では、また。

*1:申し込みが殺到するのも折り込んだ上で、計画をたてるのが普通の民間企業だと思うけど。